ナレーター 大内晴樹
【NEW】バラエティ -
00:0000:00

​Narrator
HARUKI OUCHI
Official website

​Voice sample

【NEW】バラエティ2020 -
00:0000:00
スポーツ ドキュメンタリー -
00:0000:00
CM テーマパーク -
00:0000:00
VP1 商品紹介 -
00:0000:00
VP2 環境紹介 -
00:0000:00
VP3 企業紹介 -
00:0000:00

提供できるサービス

主な実績

 

Recording machine

コンデンサーマイク

NEUMANN ( ノイマン ) / TLM102

宅録ナレーター御用達の高性能マイク6kHz以上がわずかにブーストされ、ボーカルなどを録音した際にも音がしっかり前に出てくるので、聴き心地抜群

オーディオインターフェース

RME ( アールエムイー ) /Babyface Pro FS

宇多田ヒカルもホームスタジオで使用しているインターフェース 低域から高域までクリアな音質に仕上がります

収録ソフト

Adobe audition

Adobeのデジタルオーディオエディタコンピュータープログラム

レコーディングしたデータの基本的な処理や圧縮作業が必要な際はこちらを使います。直感的な操作が可能で、お気に入りです

編集ソフト

iZotope RX9

有名な業界標準オーディオリペアツール

ノイズの処理はこちらで行います  文句なしの性能です

Profile

 
IMG_9442.JPG

大内 晴樹

ナレーター

出身地:千葉県市川市

好きなもの:パスタ・怪獣特撮

趣味:​筋トレ

 

■略歴

東京産まれ千葉育ち
高校時代、声を褒められ体育祭の司会を任された事から声を使った仕事に興味を持ち始める。
日大の芸術学部にて、ミュージカルの舞台活動に精を出す傍ら、地上波ナレーターとして活躍中の講師から技術を学ぶ。
卒業後はレコーディングスタジオや会計士事務所に勤務しながら、ナレーターとしての実力を磨き、2018年NHK特番でナレーターデビューを果たす。
以降は番組ナレーションをはじめ、VPやCMの仕事をこなしつつ、コロナ禍突入をきっかけに宅録設備も充実させ、県外・海外のクライアントとの繋がりを深めてきた。
激動のエンタメ業界で面白おかしく生き抜くため、最近はVRの研究と称してゲームにハマっている。

声の特徴

中音域の少しお堅め・爽やかな声で、

バラエティ番組からナレーションを学んだので、煽りが得意です。

また持ち声の特性として、ドラマを語ることで真価を発揮します。

実際デビュー作はドキュメンタリー番組です。

TVならバラエティ・ドキュメンタリー系

VPなら会社・製品紹介など、「誠実さを伝える」仕事が多いです。

宅録サンプル -
00:0000:00
正座する大内晴樹
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン